「大して役に立たないが、捨てるには惜しいもの」そんな感じで綴っていきます。
by さいくろん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「リンク集」
以前の記事
ライフログ
根本的に間違っているのでは?

昨日今日と、ニュースや新聞で報道され知ってる人も多いかと思うが、
私の心の故郷である祝島の海を挟んだ目の前の上関町四代田ノ浦という所に
中国電力が原子力発電所を建設しようとしていて、
反対派の地域の住民達との間でもめている。

当然私も反対派で、署名運動を頼まれ、
会社の人達に書いてもらった事もある。

だけど、最近ふと思う事がある。

それは反対派の人達(自分も含めて)は
「上関町に原発を建設して欲しくない」のか
それとも「原発自体の建設に反対なのか」という事。

単に上関に原発を建設して欲しくないと言うのは…
逆を返せば「他の所だったらいいのか?」という事にならないだろうか?
その問いを自分にしてみたところ、100%ではない物の、
「祝島の環境が守られればそれでいい」という気持ちが確実にある。

先月、古本屋で本を見ていてたまたま「東京に原発を!」という本を見つけた。

c0060593_0462886.jpg


初版が1986年という古い本だけど、
原発の危険性、問題点等が詳しく書かれており正直驚いた!
そして問題の基本的な部分に気付いた。

原子力はエネルギー源として確かに素晴らしいものだと思う。
だけど、現段階ではリスクが大き過ぎる!!何かあってからでは遅い。
今からでも遅くない、原子力と名のつく物の使用は止めるべきではなかろうか?

戦争でも何でも、無茶を言う偉い人間ってのは
一番安全な所に居るのが気に食わない、
上関原発を推進する人達よ仮に建設したら発電所の隣に引っ越すかい?
嫌でしょ?
それはみんな同じだと言う事に何故気付かないのか…
[PR]
by さいくろん | by eos1000s | 2005-06-23 01:11 | 雑文 | Comments(0) | TOP▲
<< 遅くなったけれどありがとう Present for me >>