「大して役に立たないが、捨てるには惜しいもの」そんな感じで綴っていきます。
by さいくろん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「リンク集」
以前の記事
ライフログ
いざとなると
以前から、自分にもしもの事があった場合、臓器等で使える部分は使って欲しいと言う思いを持っていて、その流れから数年前に骨髄バンクに登録しました。(いつ登録したかは失念したけどここを見る限りでは3年前には既に登録済み)

年に2回、最新ニュースや、現状の報告のDMが届いて、その度に不謹慎ながらも「出番はまだかいな〜」なんて思ってたら、このお盆に

c0060593_23162845.jpg


来た〜!!





んだけども、いざとなると正直結構ビビるね〜。アンケートと言うか、問診票みたいなのが入ってて、記入しながら「提供の意思の確認」の部分で少し躊躇する自分が居ましたっ。(苦笑)

不安な部分があったので確認したところ、候補は5名程の中から選ばれるらしく、この先行われる詳細な検査でふるいにかけられて、最終的に最適な人が残るらしいけど、さてどうなる事やら?

誰かの役にたてれば本望!って気持ちと、ちょっぴり怖いな〜って不安に捕われる私でしたっ。
[PR]
by さいくろん | by eos1000s | 2008-08-20 23:33 | 雑文 | Comments(2) | TOP▲
Commented by チャージ at 2008-08-21 04:49 x
貴方のような奇特な方に娘は命を救われました。
僅かながらの希望を持って救いの手を待ちわびてる方のためにも
頑張ってあげてください。
君は素敵だ。
Commented by eos1000s at 2008-08-22 12:48
チャージさん>
ビビリなので、今回の事を自分目線(提供側)で考える部分が多かったのですが、チャージさんの言葉で提供を待っている方の気持ちを改めて考える事が出来き、勇気をもらった気がしますっ!
<< 2008-神舞 ムダに生きるか、それとも… >>