「大して役に立たないが、捨てるには惜しいもの」そんな感じで綴っていきます。
by さいくろん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「リンク集」
以前の記事
ライフログ
カテゴリ
急性腸炎

昨日のブログに書いた様に、
今朝も症状の改善が見られなかったので
出社前に病院に行ってきました。

熱は大分ひいてたものの、頭に鉛が入った様な重い感覚と
診察を待ってる間も頻繁にトイレに向かわせる下痢とで、
もうテンテコマイで“普通の風邪とかじゃないな”と思っていたんだけど、
診察の結果病名は「急性腸炎(クローン病の疑いも有り)」でした。

急性ってのも腸炎ってのも読んで字のごとしで、
要は腸の内壁が痛んで栄養分の吸収が上手く出来ない状態
(平たく言えば下痢)です。
まぁ、これは大体薬を飲んでれば治るそうなんで、一安心。

で、もう一つの「クローン病」ってのは、これも一つの腸炎らしいんだけど、
ちょっとやっかいみたいで、詳しくは聞けなかったんだけど、
とにかく今の薬を飲んで一週間経っても症状に改善が見られない場合は
そのクローン病の疑いがあるそうなんで再検査が必要との事。

でもその検査は絶対受けたくない!!

何故って?

それはお尻の穴から内視鏡を入れて腸をチェックすると言う、
精神的苦痛、辱めを受ける検査(ちょっとオーバー)だからです!!

もちろん検査してくれる先生や、色々処置をしてくれる看護婦さんだって
こんな検査はあまりしたくないと思いながらも患者の為にやってくれる訳だし
その辺は非常に感謝しなければいけない事だとは思うんだけど…

やっぱりはずかしいよねっ。

そうそう、ちなみにこの「クローン病」ってやつは
“若い人”が、なり易いそうなんで、
皆さんもお気をつけ下さいまし。
by さいくろん | by eos1000s | 2005-08-22 22:23 | 雑文 | Comments(2) | TOP▲
Commented by tadasuke at 2005-08-24 23:56 x
関心持って読ませていただきました。
私も数年前に、胃腸関係の中術をし、クローン病の可能性を指摘されて、その治療について調べて茫然とした覚えがあります。
集まって飲んだりするのが好きなので、乾杯する時俺だけチューブで栄養補給をするのか…って。
幸い発祥はせず今に至っていますが、1000Sさんも気をつけて下さいね。
Commented by eos1000s at 2005-08-25 00:31
tadasukeさんありがとうございます。
私も色々調べた所“クローン病は完治はしない病気”と言うのを読んで正直ビビッている所です。
食事に好き嫌いはありますが、そこまで偏った食生活をしてる訳でもなく、変な物も食べた記憶が無く、今の症状の原因が分からないのも不安要素の一つですねっ。
今薬をもらって3日目ですが、下痢が治まってないんで、とにかく今は薬が効いて治まってくれる事を祈るばかりです。
<< 色褪せないもの しんどい >>